「ブル」・「ベア」とか、耳にされたことは無いですか?

相場の先行きを見る時に、ブル・ベアという言葉を使うことがあります。

ブル(bull)とは雄牛、ベア(bear)とは熊のことですね。

雄牛は、角で突き上げて相手を攻撃し、
熊は、鋭い爪を持った手を振り下ろして相手を攻撃します。

この語意から、相場の先行きを

強気にみることを「ブル」
弱気に見ることを「ベア」

と呼ぶようになったのです。

NYSE(ニューヨーク証券取引所)があるウォールストリートは、
アメリカの金融の中心地ですが、
ブロードウェイの南端の石畳に立つ巨大な像
チャージング・ブル(突撃する雄牛)があり、フォトスポットとしても人気がありますよ。

まぎれもなく、ウォール街のシンボルですね!

相場上昇を願ってみんなが触るため、鼻先はいつもピカピカです(笑)
NY、久しぶりに行きたいなぁ♪